HOME > 企業情報:経営理念


経営理念

全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、職業を通じて自分達の住んでいる地域社会に貢献しよう。
  1. 消費者ニーズに適応した付加価値の高い安心・安全な調味料、食品等の開発と生産
  2. 共に助け合い、信頼関係の築ける社員と家族の生活の安定と向上
  3. 合理的経営による適正利潤の確保と、正しい納税で社会的責任の遂行
  4. 技能的社員共育で企業力を高め、人間的共育で立派な社会人を育成
代表取締役社長 福山 浩司
代表取締役社長
福山 浩司

北海道のソウルフードメイカーとして全国、そして世界へおいしさを届けます

当社は2018年に、創業60周年を迎えました。これもお客様をはじめ諸先輩方、従業員、そのほか関係先様の絶大なご支援の賜物であると心より感謝申し上げます。
当社は北海道の食品メーカーとして、これまで同様、地元の食文化の可能性を追求し、ジンギスカン、スープカレーをはじめ、札幌ラーメン、ラーメンサラダ、豚丼など、豊かな自然に恵まれた北海道らしい香りのする製品の開発と提案、普及を図ってまいります。北海道の風土に根付いた食の付加価値をさらに高めて、全国にファンを増やしていきたい。そうした志が、私たちベル食品の事業のコアをなしています。
現在、北海道および日本の食品メーカーは、社会の高齢化にともなう市場の成熟に直面しており、当社もその例外ではありません。そのため、新たな市場の開拓に挑戦しています。「確かなおいしさを創造し、北海道から全国のファンへ」を合言葉に、北海道出身のアイドルが出演するCMの放映や展示会、北海道フェアを通じて、製品を全国に紹介しております。また、幼稚園でのジンギスカンセミナーを通じて、未来のファンを増やしていく取り組みも始めました。
2013年にはベトナムに拠点を設け、本格的に進出いたしました。日本食は東南アジアで広く普及しており、当社製品もおいしさはもちろん、全事業所・全製品においてISO22000を取得した高い安全安心を実現した製品として、ベトナムの方々にご好評をいただいております。これを起点として、市場の成長が見込まれる東南アジア各国への展開を目指しています。
今後も北海道のソウルフードメイカーという強みを生かしながら、全国、そして世界へおいしさをお届けし、未来に伝えていく。それが私たちベル食品の使命です。

現在も変わらない「キリン」のラベル

ベル食品(前身の北共化学)が誕生したのは昭和22年。そして、昭和29年、日本ではじめてだろうと思われる家庭用ラーメンスープ「華味」を開発、販売しました。

現在も変わらない「キリン」のラベル。
それは、いつも夢を見続けるベル食品の心です。



このページのトップへ


copyright(c) Bell Shokuhin Co.,Ltd All rights reserved.