HOME > 企業情報:ISO22000について


ISO22000について

2010年3月19日に全事業所・全製品でISO22000:2005を認証取得しました。

当社は食品製造メーカーとして安全で良品質な商品をお客様に提供することで、お客様に安心と満足を提供したいとの考えから、「食品安全方針」を掲げ、2010年3月19日に全事業所・全製品でISO22000:2005を認証取得しました。

「ISO22000:2005とは」
消費者に安全な食品を一貫して提供するために、前提条件プログラム(PRP)やCODEX HACCPの仕組みにISO9001などのマネジメントシステム規格のPDCAサイクルを組み合わせた国際規格です。
社団法人日本能率協会審査登録センター(JMAQA)ホームページ参照

「HACCPとは」
Hazard Analysis Critical Control point
食品の原料の受け入れから製造・出荷までのすべての工程において、危害の発生を防止するための重要ポイントを継続的に監視・記録する衛生管理手法。
厚生労働省ホームページ参照

食品安全方針
お客様・社会が望む、常に安全で安心な製品を提供する為に、次の事項を遵守致します。
  1. わが社の従業員は、フードチェーンの一員として果たすべき責務を自覚(安全・安心を第一と)します。
  2. 社内や社外とのコミュニケーションを欠かさず実行します。
  3. 食品関連法令を遵守します。
  4. 食品安全マネジメントの改善を常にし続けます。
  5. より安全・安心な製品を提供する為に、尚一層自己研鑽をして人格の向上に努めます。

2009年4月1日
ベル食品株式会社
社長 福山 恵太郎



このページのトップへ


copyright(c) Bell Shokuhin Co.,Ltd All rights reserved.