北海道のソウルフードメイカーベル食品

CSR

ベル食品の社会的活動の実績です

鮭稚魚放流事業

「北海道民として、北海道を代表する魚、サケについての学びを深めよう」ということ、「身近な自然環境に感謝しよう」といったテーマを掲げ、実施いたしました。
札幌市内にはサケが遡上する水系が3つあり、その一つが豊平川水系です。
豊平川には毎年約1000尾のサケが遡上し、自然産卵をしています。
札幌市豊平川さけ科学館では、そういったサケの生態に関わる展示や、ふ化放流事業など、札幌のサケを見守り、情報を発信する活動が行われています。
当日はさけ科学館のマネージャーである佐藤さんの熱心なお話を伺い、実際に稚魚の放流を行うことで、サケについてだけではなく、北海道の自然環境回復の取組を学ぶことができました。

サケの稚魚を初めて見る子どもたちは、コップの中で元気に泳ぐ姿を見て目を輝かせていました。
放流用の水路へと、稚魚を優しく流します。
もう一回、もう一回、と楽しそうな子どもたちの声が響く中、稚魚はどんどん川へと進んでいきました。
今回の活動が、未来を担う子どもたちの心に残ったのであればとても嬉しいです。

そして、今回ご協力いただいたさけ科学館の皆様の活動へ向けて、当社より寄付をさせていただきました。
札幌のサケの繁栄が末永く続くよう、私たち一人ひとりが、普段暮らしている地域の環境に関心を持つことが大切だと感じました。

福祉募金事業

従業員の皆様にご協力いただいた社内募金に会社からの金額を加算し、札幌信用金庫社会福祉基金に寄付を行ってきました。

日 時:
平成29年12月26日(火)
金 額:
300,000円(従業員44,353円・会社255,647円)
場 所:
札幌信用金庫本店
持参者:
藤田常務・中島総務部課員
応対者:
吉本理事長(札信会長)・三井事務局長(札信常勤理事)・鶴岡事務局次長(札信参事役)

植樹事業

夕張市の花とシネマのドリームランドにて、50周年を記念して約3mの成木のさくらをベル食品で50本植栽しました。
また、翌年にも植栽しております。